日本流行部

全国流行部ブログ

田中加奈

四国・中国 / 鳥取

鳥取の夏の風物詩 鳥取しゃんしゃん祭

夏休みが終わりましたね〜(*´ω`*)
色々と行事 イベントがあって バタバタと過ぎていってしまいました…
その忙しかったイベントの一つ、鳥取しゃんしゃん祭も無事に終わり ホッとしているところです(о´∀`о)

鳥取しゃんしゃん祭とは、今年で第53回を迎えた鳥取市の夏がもっとも盛り上がるお祭りです。


しゃんしゃん というのは、鳥取の市街地で温泉のお湯がしゃんしゃん沸く事と、お祭りの踊りで使う 和傘に取り付けられた鈴の音がしゃんしゃん鳴る という事から名付けられました。


江戸時代末期の雨乞い踊りが起源とされ、やがて「因幡の傘踊り」として 勇壮な踊りへ変化し、それを 誰でも踊れるよう民衆化したものが「鳥取しゃんしゃん傘踊り」です。

 


毎年8月に行われるこのお祭りでは、創作踊り・基本踊りのコンテストがあり、たくさんの人が それに向けて練習を重ねています。
こちらの連は、創作踊りコンテストでグランプリを受賞した「我龍天晴」さん


キレと迫力のある踊りと、なにより この楽しそうな表情♡がステキです

 
そして、基本踊りコンテストでグランプリを受賞した「百花繚蘭」さん


傘踊りは みんなの傘が揃う 一斉美が最大の魅力なのですが、タイミングや角度がほんとに綺麗に揃っていて、伝統を守っていくという熱い想いが伝わってきます!

私は 鳥取市観光協会連というグループに入っていて、一斉踊りの他にも ゲストの大月みやこさんのバックで踊ったりしました。

今年の一斉傘踊りは、過去最多 4,200人が参加し 大盛り上がりとなりましたo(^▽^)o
開催期間は毎年8月13日〜15日。
一斉踊りのほかにも、ステージイベントや花火大会など 見どころ盛りだくさんなので、ぜひ 来年の夏は 鳥取へおこしくださいね(^-^)/