日本流行部

平館レポート(デザイン未)


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sites/heteml/users/k/i/r/kirakiraleague/web/hayaribu.com/wp-content/themes/hayaribu/single-hiradate_report.php on line 18

平舘が移住促進イベントで出会った、住みたい町、そこに住む素敵な人たち

東京で行われた、移住促進イベントふるさと回帰フェアに行ってきましたよ!

お目当ては、徳島流行部部長の真弓ちゃんがブースに出ているとの情報をつかんでいたので、サプライズで会いに行ってみよーと思ったので!

さらには、福井若狭路宣伝部員から、おおい町ブースに、絵梨奈ちゃんがいるので、会いにいってきて~という連絡も!

ほかにも、平舘さん、うちのブースにもぜひ!とお声がけのあったところを中心に回ってきましたよ。

まず、目指すは、徳島流行部部長真弓ちゃんのいる、四国徳島県上勝町ブース。

じつは、この日が彼女とは初対面!わかるかな~、私のこと。

徳島流行部部長の真弓ちゃんを発見!!!

「来たよ~!!流行部参加してくれてありがとーーーー!」という私に、「わーーーー、来てくれたんですね!めっちゃうれしい♪」と言ってくれ、初対面とは思えない盛り上がり。

先日の、TV笑ってこらえてのダーツの旅で紹介されたこの徳島県上勝町は、よく料亭なんかのお料理で飾られる、様々な形の葉っぱを収穫し、出荷しているんですよ。

彼女は、徳島出身ですが、実は偶然にも私の大学の後輩で、東京にも長く住んでいた経験があります。

なので、東京からの移住数する人の気持ちになって、アドバイスしてくれるので、安心です。

この前、この上勝町をテレビでみたけど、町の人たちが、ものすごく明るくて、面白くて、元気で、住んだら楽しそうな町でしたよ。

そして、次に向かったのは、福井県おおい町ブース。

先日私が福井県で行ったセミナーを受講し、6市町で結成している福井若狭路宣伝部員として、おおい町を盛り上げている、絵梨奈ちゃんに会いに!

身内感漂う福井おおい町ブースで、すっかり盛り上がり、ここで起業する支援てどんなのあるの?って、けっこう真面目に相談(笑)

あまりにみんなが良くしてくれるので、いつか、ここに支社つくろうかな?と言ったら、具体的な施策が出てきました(笑)

現地起業について、ブースであまりに盛り上がっていたら、その様子を見た、若者たちが、資料下さい!とたくさん寄ってきた。

この姉さんが、これだけ関心持つ町は、なんか素晴らしい町なんじゃないか?と思った模様。

私は、それらの若者に向かって「私ね、ここいらへんに2年で7回行ったけど、すごくいいところだよ~」と言ったら、ぞろぞろ若者たちが資料をもらっていきました(笑)

私は、東京で開催された福井県嶺南エリアのマルシェでおにぎり弁当は完売させるし、先日も飛び入りで鯖おでんをオジサンに売るし、さらに移住も促進します(笑)

でもね、本職は、ブランディングプロデューサーですよ、お忘れなく~(笑)

おおい町ブースで盛り上がった後、さて、次どこ行こうかな?と思ったら、

「あーー、ビックリした、平舘さん!!!」との声が。

よく見れば、こちらも福井県若狭町から東京に出向していて、よく知っている山田君でした。

「なんか、やけに、隣のブースのおおい町盛り上がってるな~、でも、なんか聞いたことのある声だな~?と思ってました(笑)」と。

若狭町はね、梅の産地で有名です。

そして、ここの人たち、ものすごーーーーく人柄がいいの。

東京で私が開催したセミナーに若狭町の方が参加してくれたことがあったのだけど、東京から参加する友人たちに若狭町の人のことを事前情報として伝えておいた。

「多分会ったらわかると思うけど、私は、こんなに人柄のいい人って、人生でかつて出会ったことがないわ」って。

実際に会った友達は、みんな納得していました。

若狭町には、そんな人がたくさんいますよ!都会でひとり寂しいあなた、ここに移住すれば、みんなよくしてくれますよ。

次のブースは、高知市です。

高知市の知り合いの方から、うちも出展しますよ、ぜひ、ブースへお越しください!とのメッセージをいただいていました。

高知家の表札が目印。

高知市に移住するとどんなメリットがありますか?と聞いたら

よさこい祭りの開催地なので、よさこいで踊れます!!って。それ、祭り好きな人にはたまりませんね。

うちの母も、東京原宿で行われる、スーパーよさこい祭りで地元のチームとして参加してたりするので、その楽しさは、家でよく聞いてました。

高知市の移住の良さはね、いきなり山奥とかは、ちょっと自信がないって人におすすめなんです。

都市の便利さと豊かな自然が両方そろっていて、病院や教育機関などが充実しているので、都会でしか暮らしたことのない人も安心です。

今高知市では、最初の移住を高知市にし、そこを拠点に、山や海などの自然豊かな場所を視察し、そこが気に入れば、高知市からさらに高知県内の別の場所に移住するという2段階移住もおすすめしているそうです。

都会からいきなり移住することに不安のある方、高知市は、その点、移住先としてとってもおすすめですよ。

高知市を後にし、会場を歩いていたら、こちらにどうぞ!!!!と、お声かけいただいたのは、うどん県こと、香川県ブース。

私は、香川県には、2回行っています。

うどん県ていうけど、さすがに、香川のうどん屋さんて、うどん安すぎませんか?、と、うどん話で盛り上がる。

でもね、うどん県だけじゃないんですよ。

香川県のおすすめポイントは、瀬戸内海に面している場所柄か、災害が少ないっていうのが、おすすめだそうです。

また、小声でおっしゃっていましたが「実は、香川県て、けっこうお金持ちが多いんですよ(笑)」とのこと。

それを聞いて、私の気持ちがグッと傾く(笑)

全国の独身女子の皆様、お嫁に行くのなら、香川県です!

香川をあとに、また歩いていると、熊本県菊池市の方に、声をかけられました。

菊池市、実は私、知っていたんですよ、何かの資料を見て。

菊池渓谷っていう清流がある場所に行ってみたいって前々から思っていたの。

ここは、阿蘇外輪山を源流とする菊池川や合志川の豊かな水源や自然に恵まれた土地柄を生かし、県内有数の農業地帯、西日本有数の畜産地帯として有名です。

そして、菊池市は、30もの源泉を持つ、有数の温泉地帯。

地方移住の王道を楽しめそうです。

菊池市の自慢てないですか?と聞いたら、ここには、2年前にギネスに認定された世界で一番高いお米があるそうです。

その名は、七城のこめ、1kgあたり12000円!

ただ価格が高いだけじゃないです、ちゃんとギネス認定には、販売数も審査基準にあるそうで、しかもですね、当然、美味しいとのこと。

最高評価の特Aだそうです。食べてみたーい!!!!

農業に興味のある方なら、熊本県菊池市、おすすめですよ。

先日、ふるさと甲子園というイベントで福井県小浜市ブースでお手伝いしていたときに、隣のブースに出展していて知り合った、大分県中津市のみなさん。

平舘さん、うちのブースにもぜひ!とお声をかけていただいていました。

この前出展していたときに、からあげを販売していたのですが、中津市は、ご当地グルメでからあげが有名。市内52店舗で様々なからあげが食べられます。

そして、もうひとつは、高級食材のはもも名物です。

中津の出身で有名な人は、1万円札になっている慶應義塾創始者の福沢諭吉。ここ中津で生まれ青年期まで過ごしていたそう。

中津市は、戦国時代に黒田官兵衛によって礎が築かれて以降、歴代城主によって整備拡張され、歴史情緒あふれる街並みが今も残っています。

さらには、日本遺産に認定された、渓谷と奇峰が連なる耶馬渓など自然美も楽しめます。

最近では、中津ではお洒落なカフェやレストランをオープンする移住者の方が多いそうです。

耶馬渓、私も、この目で見てみたいです。

おんせん県なので、もちろん、温泉も楽しめますよ。

 

他にも、お話した地域、滋賀県、愛媛県、岡山県などもあるのですが、他のお客様もいたので、お写真撮れなかったのでまた機会があればご紹介したいと思います。

 

今回登場した地域への移住に興味のある方、近くまだ東京で移住促進の相談会があります。ぜひ、行ってみてくだーい。今回お写真に登場された方がいらっしゃるそうです。

★大分県中津市は、9月23日(日)11時から17時半 東京交通会館12階カトレアサロン

★香川県、高知市は、10月28日(日)10時半から東京交通会館12階カトレアサロンA

 

イベント帰りに、徳島流行部部長の真弓ちゃんと記念撮影。

いつか、徳島にも行きたいな~。離れているけど、また会おうね!と約束しました。

日本各地には、まだ知られていない素敵な場所や人たちがたくさんいます。

これからも、流行部を通じて、どんどん紹介してきたいです!