日本流行部

平館レポート(デザイン未)


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sites/heteml/users/k/i/r/kirakiraleague/web/hayaribu.com/wp-content/themes/hayaribu/single-hiradate_report.php on line 18

絶景に、美味しさに思わず声が出た!流行部女子旅取材ツアーin鳥取

第4回目の流行部女子旅取材ツアーは、鳥取市からお声掛けいただき行ってきましたよ!

今回の旅の案内役は、鳥取流行部部長の加奈ちゃんとお友達の巳幸ちゃん!加奈ちゃんは現役観光大使、巳幸ちゃんも観光大使経験者です。全国の流行部部長たちは、観光大使経験者の方が結構多いので、観光案内も完璧です。

そして、私と一緒に鳥取を旅するのは、香川流行部部長の裕子ちゃんです。

裕子ちゃんも観光大使経験者です。

私以外、全員観光大使経験者という流行部らしいメンバーでの旅レポご期待ください!

今回の流行部女子旅取材ツアーin鳥取は、ここからスタ―トしました!

流行部部長同士は、初対面です。毎回思うけど、いきなり初対面同士が会った瞬間から旅がスタートするって、なんだかテレビの旅番組みたい。これが、けっこうおもしろいんですよ。

みなさん、このお店「たくみ割烹」さんは、地元でも有名なしゃぶしゃぶの名店なのですが、実は、しゃぶしゃぶって、ここが発祥の地なんですよ!ご存知でした?鳥取がしゃぶしゃぶ発祥の地だって。私は、知りませんでした。いきなり、最初から、へぇ~!の連呼。こちらでは、すすぎ鍋っていいます。

しゃぶしゃぶのお肉が登場する前に、まずは、小鉢をいただきました。白子美味しかったですよ。

そしてお肉が登場!!!!美味しそうな霜降和牛!しかも、贅沢に、ランチに一人一皿!

あー、流行部やっててよかった~(笑)

鳥取牛はですね、肉質品評会でなんと1位を獲得!しかもですね、鳥取牛は、日本各地のブランド牛の種牛なんだそうです。

見るからに美味しそうでしょ?

裕子ちゃんと私のこの笑顔、大興奮状態です。

口の中いっぱいに、柔らかくて脂のったお肉の美味しさが広がり、もう感動。

地元の加奈ちゃんも、この笑顔です!

4人で来ていたら、もう、何もしゃべらずひたすら食べてたと思うのですが、実はこの日、ちょっと特別な状況だったんです。

なんと、この日終日私たちに、NHKさんが密着取材してくださっていたんですよ。

日本流行部が鳥取の魅力を発信!って!

こんな風に!この日の夕方、ちょうどホテルにチェックインしたタイミングでテレビをつけたらやっていましたよ。

 

しゃぶしゃぶのゴージャスランチを終えて、私たちは、今日のメインイベントのあの場所へ!

鳥取と言えば?って聞けば、誰もが答える鳥取砂丘へやってきました!

もう、ここにずっと来てみたかったのでワクワク状態です。

到着早々私たちは、ヘルメットを着用し、リュックを背負っております。それは、砂丘で人気のアクティビティのファットバイクに乗るためです。

まずは、砂丘に走っていき、記念撮影。やってきました、鳥取砂丘!テンションのあがる私たちです。

テーマ「冒険」で写真を撮る(笑)

「隊長!あの先にオアシスがあるんじゃないですか?」なーんて!

これが、ファットバイクです。車輪の幅が太くて軽いです。

砂に沈まずに漕ぐことができるのが特徴です。

乗っているところは、テレビに映っていた画像でご紹介します。

まず、えっちらおっちらと、ファットバイクを持ちながら砂の斜面を登ります。これは、ちょっとキツイ(笑)

でも、そのあとは、スーイスーイ雄大な景色を眺めながら漕げますよ。

最初は砂にハンドルを取られそうになったけど、スピードを出すと大丈夫になります。

ゆっくり漕ぐと砂にハンドルをとられて余計につらくなるので、なるべくスピードを落とさないように漕ぐことがコツだそうです。

なんか、勇ましい感じで乗っております。風を感じながらファットバイクを漕ぐのは楽しかったです。

そして、このまま海を目指します!

軽快に漕いで行くと、こんなにきれいな海が目の前に広がります。このファットバイクは水辺も漕げるんですよ!

私、スーパー晴れ女なんですが、この日も快晴!

11月なのにすごく暖かくて、途中汗をかいてコートを脱ぎました。

はしゃぐ、はしゃぐ(笑)雲があまりないので、わかりづらいかもしれませんが、ジャンプした私たちが下に写っていますよね?

この海岸では、カメラのテクニックで海外のウユニ湖みたいな、空と海が一体になったようなインスタ映えする写真が撮れるんですよ。ファットバイクのインストラクターのお兄さんが撮ってくれますよ。

はしゃぎまくった私たちは、波でちょっと足が濡れてしまったのをきっかけに、着替えも靴も一応あるから、もういっかー、と靴もパンツの裾も濡れるほど海にバシャバシャ入ってしまった。この日本当に暖かくて、海水も冷たくなかったんだよね。

ちょっとハードな体験をする女子旅もやってみたらけっこう楽しい。きゃーきゃー言っていると女子高生気分に戻れますよ(笑)

ひとしきり遊んだあとまた漕いで帰ります。

インタビューにも、ヘルメット着用で(笑)しっかり答えて、砂丘を後に。

本当は2日目に行く予定でしたが、天気がよかったので、次は、こちらにやってきました。

浦富海岸島めぐりの船へ。

これに乗って行きます。

いざ、出港!

小さな三角の岩の上に松が生えているのが、千貫松島です。江戸時代に鳥取藩主の池田候が舟遊びをされたときに「我が庭に、この岩付きの松を移しえた者に銀千貫を与えよぞ」と言ったことから名付けられたそう。

沈む夕日がきれいなサンセットクルージングを楽しみました。

次回は、波が穏やかなときにまた訪れて、透明度の高い美しい海を見たいです。

初日から鳥取観光を満喫し、いよいよ日も暮れてきました。

こちらが初日最後の見学スポットです。

鳥取流行部部長の加奈ちゃんの流行部ブログで見て以来、私ずっとここに来たかったんです。

砂で作ったサンドアートが見れる美術館「砂の美術館」です。

入口のサンドアートを見ただけでテンションが上がってしまいましたが、これは序の口なんですよ。

中の作品はもう、圧巻ですよ。

美術館に入ると世界中から集結した砂像彫刻家の方々の写真が。この方々が制作しているんですね。

砂の美術館は、毎年国をテーマに作品が変わります。今季のテーマ国はアメリカです。

入ってすぐに、ドドーーーーーンと大きな砂像が出現!アメリカの文化の映画産業をテーマにした作品です。

入ってすぐに、「うわーーーーーーーーー、すごーーーーーい!」って大声をあげてしまいました。砂像がものすごい迫力で感動しますよ。

西部開拓時代をテーマにしたこちらの作品なんか、ものすごい躍動感で今にも飛び出してきそうな迫力でした。

ゴールドラッシュです。真ん中に川が流れていました。

鳥取市の職員は、なんとなんと砂像アーティストが掘ったときに出る砂を運び出す作業が毎年あるんだそう。たいへーん!!!

険しい表情で、鳥取市の田中さんが実演中(笑)

いよいよお腹も減ってきました。

今夜は、カニです!松葉ガニです!!

松葉ガニのお店の予約まで時間があったので、近くのオシャレな立ち飲み屋さんで「鳥取に乾杯!」

お店の人が、おつまみに出してくれたこれがすっごく美味しかったんです。鳥取名物の「とうふちくわ」を揚げたものです。

とうふちくわなんて初めて聞きました。

ちょっと写真が暗いけど、こちらが今夜のお食事をするお店の「味暦あんべ」です。

松葉ガニで有名なお店です。お店の前に積み上がった発砲スチロールの箱を見てください。一日にこれだけのカニを消費するそうです。すごい!!!!仕入れ量が半端ないですね。新鮮なカニをたくさん食べられそうでワクワクしたままお店の中へ!

この夜は、鳥取市のみなさんと楽しい会食でした。人の縁て本当に不思議ですね。私は、鳥取に縁もゆかりもなかったのに、こうやってみなさんと鳥取で一緒に日本流行部のことや鳥取のPRのことや、色々な話を和気あいあい話しているなんてなんか不思議でした。

鳥取流行部部長の加奈ちゃんが活躍してくれているお蔭で、こうやって鳥取での流行部女子旅取材ツアーが実現しました。

多くの方々が、私とご当地在住の流行部部長との縁をつないでくれ、さらにご当地在住の流行部部長たちが様々な地域の方々と私との縁をつないでくれています。

有難いし、うれしいし、色々な人たちが日本流行部の活動に興味を持ってくれ、応援してくれるのは、本当にうれしいことです。

ご縁あって出会った皆さんと流行部の活動を通じて、日本を一緒に盛り上げていけたらうれしいです。

色々な意見を聞けてなるほど!って勉強になったこともあったし、こんなことをしてみようか?なんて面白い企画の話で盛り上がったり、とても有意義な時間を過ごしました。

昼は、美味しいお肉のしゃぶしゃぶで夜は、こちら!あー幸せ!

お刺身や焼き魚だけでも十分な感じですが、このあとに主役が登場します!

じゃーーーーん!松葉ガニの親ガニを1人前で8杯使っているというなんとも贅沢な松葉ガニどんぶりです。

カニって、ほぐすのが時間がかかるじゃない?

これ、ほぐしてくれているんですよ。最高じゃないですか?

もう、めっちゃくちゃ美味しかったです!これ食べに鳥取に来たようなもんですからね(笑)

大満足でした。

流行部女子旅取材ツアーin鳥取、初日は盛りだくさんで終了!

テレビによると、日本流行部は、あすは古民家カフェに取材に行きます(笑)

2日目もかなり濃いです。

パート2でまたレポートしますので、お楽しみに♪

 

★ただいま、鳥取ツアー2日目の記事は、以下のリンクよりご覧いただけます!
https://hayaribu.com/hiradate_report/6725/